当社は昭和32年に金属プレートの銘板加工から端を発し、時代の変遷と共にシール・ラベル・マーク・パネルの印刷や金属プレート、樹脂フィルムの塑性加工を主軸とした生産・研究を創業60年以上お客様のニーズにお応えすべく研鑽を積んで参りました。大小各社が競合する印刷市場において、60年という長い月日を生き延びるためには日々移り変わるお客様の「満足」に対応することが必須条件であり、印刷業という受注産業として例に漏れない当社が今日まで「銘板屋」として営みを続けていることは、お客様の信頼を勝ち得ている証拠だと自負しております。また、多様化するニーズはめまぐるしく、ネームプレート製造業として起業した当社ですが、お客様とのお取引をきっかけとして新しい分野の開拓も日々拡大しており、今では印刷物だけでなく、板金、成形、材料の卸、アッセンブリ等々の実績も数多くこなし、お客様のニーズにお応えできる取扱品目も多く取り揃えるに至りました。私は流れ行く時代の中で昭和ネームプレートという企業が多様化するニーズをフレキシブルに対応することで成長し、確か且つ普遍的な信頼をお約束することでお客様の進化にお力添えができればと考えます。目下100年続く企業を目標とし邁進してまいりますので、今後もご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
大熊浩和


「あらゆるニーズにお応えし、満足な品質を創造する」
多種多様なモノが溢れている現代だからこそ、お客様が最も求めているモノは何か?を私たちは常に考えております。
日々進化し続けるモノづくりの世界でお客様がお求めになる「最」にお応えするべく、私たちは最適な作成方法をご提示し、最良な材料選定でより高価値なモノを最高な品質管理の下、最短最少のコストで最大の満足が得られるよう、ニーズに合ったご案内をさせていただく所存でございます。
「昭和ネームプレートであればできること」「昭和ネームプレートでしかできないこと」
お客様にそんな信頼のお声をいただくため、私たちは60年間モノづくりをしております。

概要

商号 昭和ネームプレート株式会社
創立 1957年4月29日
本社 東京都荒川区荒川6-52-10
埼玉工場 埼玉県越谷市蒲生3882-1
レイクタウン工場 埼玉県越谷市大成町7-449-1
代表取締役 大熊 浩和
資本金 10,000,000円
従業員数 40名(2017.12)
事業内容 各種印刷品、プレス加工品の製造・販売
取扱い品目 各種印刷、樹脂・金属加工品、各種絶縁材、
フィルム等の抜き(プレス)加工、看板、カッティングシート
認証規格 UL/CSA
ISO9001
EA21
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
城北信用金庫

沿革

1957
昭和32年
独自のネームプレート制作方法を完成
個人経営にて創設
1969
昭和44年
事業拡大の為、埼玉工場を新設
1972
昭和47年
昭和ネームプレート株式会社を設立
1992
平成4年
本社新社屋の完成
UL/CSAの認証取得(SN-OP1・SN-OP2・SN-SP1)
2002
平成14年
ISO9001の認証取得
2008
平成20年
EA21の認証取得
2012
平成24年
UL/CSA(SN-SP2)の認証取得
2015
平成27年
(有)奥村製作所を吸収合併
レイクタウン工場の設置
2018
平成30年
ISO9001運用範囲をレイクタウン工場まで拡大
EA21運用範囲をレイクタウン工場まで拡大
本社(経理部)
〒116-0002 東京都荒川区荒川6-52-10
蒲生工場 営業部・業務部・製造部・品質保証部
〒343-0838 埼玉県越谷市蒲生3882-1
TEL:048-988-7611(代表)
FAX:048-986-6261
お問い合わせは蒲生工場へお願い致します。
レイクタウン工場
〒343-0838 埼玉県越谷市大成町7-449-1
facility